◆ヘッドライン

1つ後の記事:バグった「ハイパーオリンピック イン アトランタ」
1つ前の記事:革新的な変化を遂げた「iPhone5」のパロディ動画

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
葉っぱライン
タスマニアの海で見られる珍妙な海洋生物
タスマニアの海で見られる珍妙な海洋生物

オーストラリアのタスマニア島周辺の海で撮影された、珍妙な海洋生物の映像を紹介するよ。
上の画像の半透明の物体は、「Pyrostremma spinosum(ナガヒカリボヤ)」というホヤの仲間。
体長30mのホヤとか信じられないよね。他にも、ズラリと連結する「Salp(サルパ)」も見ものです。
ちなみにSalpもホヤの仲間。ここは世界有数のゼリー状動物プランクトンの生息地なんだとか。

■タスマニアの海で見られる珍妙な海洋生物■ 【@YouTube
◆タスマニアの海で見られる珍妙な海洋生物◆
Giant Pyrosome and Salps - pelagic sea squirts

【 この記事に関連する商品 】
深海【奇妙でカラフルな深海の世界】深海【奇妙でカラフルな深海の世界】
クレール ヌヴィアン
葉っぱライン
この1週間でよく読まれている記事 - 全ランキング
この記事へのトラックバック - 新着トラックバックのRSS
この記事へのトラックバック用アドレス
・トラックバックは、管理人の承認後に表示されます。
・RSS収集、アフィリエイト目的、本文中に言及リンクがないものは承認しません。
この記事へのコメント - 新着コメントのRSS

コメントを書く -タスマニアの海で見られる珍妙な海洋生物
←チェックしてから書き込むと、このコメントが管理人だけに見えるようになります。


※初めてコメントをされる方は、書き込む前に必ず↓を読んでおいてください。
コメントを書くときの注意点 と 知っておくと便利な機能 ほか
Powered By FC2
Copyright © んた & バレきち@3丁目 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。