◆ヘッドライン

1つ後の記事:ドラゴンクエスト 復活の呪文「どらくえは ねとげに なつて・・・」
1つ前の記事:チョロチョロ垂れる水が気になるのです ≪動画≫

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
葉っぱライン
宙に浮かぶリンゴ ≪動画≫
宙に浮かぶリンゴ

短いけどとっても不思議な科学動画、宙に浮かぶリンゴの紹介だよ。
液体の入った容器に投入されたリンゴが高速回転して宙に浮かんじゃいます。
「なんじゃこれは?」と思って、動画提供元へ行ってみたら作り方が載ってました。
詳しい作り方は続きの部分に訳して載せておくんで、興味があったらやってみてね!

■宙に浮かぶリンゴ を見る■ 【@YouTube、製作元:undeniablefacts.com(海外サイト)
◆宙に浮かぶリンゴ◆

①スプーン1杯の塩、スプーン半分のミョウバン、スプーン3杯のビール酵母
 カップ3杯の水、カップ半分の高果糖コーンシロップを用意する
②これらを実験する2時間前に混ぜ合わせて、冷蔵庫に入れておく
③実験をする直前に液体を冷蔵庫から取り出し、ストーブなどで暖める
④液体を火にかけ、沸騰してきたらリンゴを中に投入(…でできるのかな?)

[関連商品] (≧∇≦)b イイッ!
水の科学 じっけんセット
新日本通商
ASIN:B000GTG73Y /おもちゃ&ホビー/2592
発売日:- - -
ランキング&評価:---位
価格:¥ 1,199 [2006-12-21 Amache]
No User Review
葉っぱライン
この1週間でよく読まれている記事 - 全ランキング
この記事へのトラックバック - 新着トラックバックのRSS
この記事へのトラックバック用アドレス
・トラックバックは、管理人の承認後に表示されます。
・RSS収集、アフィリエイト目的、本文中に言及リンクがないものは承認しません。
この記事へのコメント - 新着コメントのRSS
くるくるフラワー 無粋な突っ込み
別の意味の科学動画なのかな。
疑似科学に騙されちゃいけませんよという。
通りすがり #- | 2006/12/24(日) 12:36 【編集する
くるくるフラワー 通りすがりさんへ
え、どういうことっスか?ちょっと言ってる意味が分からない…。(´、丶)ゝ
『これはコラではないのか?』ってことかな?
たしかに胡散臭い動画だよね。リンゴが浮くなんて…。

というわけでもう1回、この動画の提供元へ行ってきました。
(undeniablefacts.comってとこね)
で、そこの文章をそのままコピって勝手に持ってきちゃいました~。
それがこちら↓
This mixture is a slight variation on the first mass fluid, discovered in 1867 by Russian physician Vladamir Kalinknikov who was searching for a cure for malaria. According to legend, when Kalinknikov placed the final ingredient - an apple - into the concoction he had been mixing, the apple rocketed up and killed him. Since no modern recreation of Kalinknikov's experiments has resulted in the apple traveling at faster than 20 mph, historians consider this legend unlikely. More probably, Kalinknikov finally fell victim to the disease he was trying to fight - along with millions of his compatriots.

The Kalinknikov fluid works because of enzymes which yeasts release when they consume salt. The alum is broken down by the enzymes, forming tiny clusters of sulfur and aluminum bound together by waste proteins left by the yeast. These clusters are incredibly heavy but interact exactly like water molecules. When boiled, the vapor released contains billions of these clusters, making it extremely heavy. Anything less dense than this heavy "gas" will float.

substance called pectin which is concentrated in their skins. When heated, this pectin changes into a form which, chemically, is almost identical to helium. Unfortunately, most fruits have extremely porous skins, so this "fool's helium" immediately dissipates into the air. An apple's peel, on the other hand, completely traps the heated pectin, making it extremely light. Without this little extra push, a primitive mass fluid like Kalinknikov's would be unable to lift the apple.

どうやら
①『ペクチン』という果物の成分(沸騰するとヘリウムとほとんど同じ重さになる)
②それが逃げにくいリンゴの皮特有の性質
③Kalinknikov=カリンニコフ(?)とかいうロシア人医師が偶然発見した、
 非常に重たく密集した蒸気を発生させる液体
以上が関係しているようです。
と、この文章を読んでるとあながち、偽物でもないようにも思えてしまいやす。
もうちょっと調べてみようかな…。
んたクロース@管理人 #/q64c4u6 | 2006/12/24(日) 23:31 【編集する

コメントを書く -宙に浮かぶリンゴ ≪動画≫
←チェックしてから書き込むと、このコメントが管理人だけに見えるようになります。


※初めてコメントをされる方は、書き込む前に必ず↓を読んでおいてください。
コメントを書くときの注意点 と 知っておくと便利な機能 ほか
Powered By FC2
Copyright © んた & バレきち@3丁目 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。