◆ヘッドライン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
葉っぱライン
倉敷駅北口 アンデルセン広場の「からくり時計塔」
倉敷駅北口 アンデルセン広場の「からくり時計塔」

岡山県倉敷市、JR倉敷駅の北口にあるアンデルセン広場の「からくり時計」を紹介するよん。
デンマークのコペンハーゲン市庁舎にあるシンボル塔を模して建てられたというこの時計塔。
特定の時刻になると、塔が開いてアンデルセン童話の4作品のからくり人形劇が始まるんです。
動きは単調なんだけど、見入ってしまいました。こういうの好き。一度生で見てみたいな~。

■倉敷駅北口 アンデルセン広場の「からくり時計塔」 ズームあり■
■倉敷駅北口 アンデルセン広場の「からくり時計塔」 ズームなし■ 【2つとも@YouTube
(人形劇は登場順に「裸の王様」「しっかり者のすずの兵隊」「マッチ売りの少女」「人魚姫」)
+この記事の続きを見る
スポンサーサイト
葉っぱライン
リッチモンド名物 住宅街のクリスマスイルミネーション
リッチモンド名物 住宅街のクリスマスイルミネーション

アメリカ・バージニア州の都市、リッチモンドの住宅街はクリスマスが近づくと凄いんです。
一軒一軒の民家が飾り付けに力を入れていて、毎年2万人の観光客が訪れるんだとか。
中でも特に気合い全開なのが、動画に登場するFrank Hudak(フランク・ヒュダック)氏のお宅。
イルミネーションが豪華な家は日本にもあるけど、その道40年のお宅はケタが違います。

■リッチモンド名物 住宅街のクリスマスイルミネーション■ 【@YouTube
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
「ニイタカヤマノボレ」を送信した電波塔 長崎・針尾送信所
「ニイタカヤマノボレ」を送信した電波塔 長崎・針尾送信所

長崎県佐世保市の針尾島にある、三本の巨大な電波塔「針尾送信所」の映像を紹介するよ。
1918年から4年の歳月と総工費155万円(現在の価値で6~8億円)をかけて造られたそうです。
なんでもあの「ニイタカヤマノボレ一二〇八」を送信した場所のひとつなのだとか。(諸説あり)
周囲の風景に馴染まない圧倒的な存在感。こんな無骨で味のある塔が日本にあったんだね。

■「ニイタカヤマノボレ」を送信した電波塔 長崎・針尾送信所■ 【@YouTube
●針尾送信所 - Wikipedia●  ●@nifty:デイリーポータルZ:針尾の無線塔がやばすぎる●
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
2012年「ふたご座流星群」 動画3本
2012年「ふたご座流星群」 動画3本

先日、13日夜から14日未明にかけてピークを迎えた3大流星群のひとつ「ふたご座流星群」。
空を見上げていた人も多いんじゃないかな。ボクも外に出て暗い場所でしばらく見上げてました。
「肉眼で綺麗に見えたんだから、専用のカメラで撮影した動画なら…。」って探したらあるある。
3本選んでみました。YouTube側で画質を上げて全画面で見るのがおススメ。吸い込まれるよ♪

■2012年12月13日 ふたご座流星群(Nyanta8355さん)■
■2012年12月13日~14日 ふたご座流星群 日本の星旅(beaphoto1さん)■
■2012年12月12日~14日 ふたご座流星群微速度撮影動画 (tfy134さん)■  【@YouTube
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
マヤ暦「世界終末の日」の救いの地 Bugarach
マヤ暦「世界終末の日」の救いの地 Bugarach

2012年12月21日。古代マヤ文明の暦が区切りを1つを迎え、世界が滅亡するといわれる日。
そんな終末論を信じている一部の人たちが、「救いの地」と考える場所がフランスにあるんです。
フランス南西部、ピレネー山脈の麓にある小さな村「Bugarach(ビュガラッシュ)」がその場所。
終末の日に村の近くの山に登ると、宇宙船が助けに来てくれるんだって。これは行くしかない!

■マヤ暦「世界終末の日」の救いの地 Bugarach■ 【@YouTube
●2012年人類滅亡説 - Wikipedia●  ●ビュガラッシュ - Wikipedia●

バレきち@3丁目の関連記事
世界の滅亡に備えて「ノアの方舟」を造った中国人男性
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
冬の「いろは坂」を東武路線バスで下る
冬の「いろは坂」を東武路線バスで下る

国道120号線、栃木県日光市の中禅寺湖と日光市街を結ぶ長い長い坂道「いろは坂」。
その中で28のカーブを有する下りの「第一いろは坂」を、東武バスに乗って下っていきます。
季節は冬。視界が悪く、路肩には雪が残っている峠道を右へ左へ淡々と進んでいくバス。
運転技術は凄いけど、これといった見所はありません。音と風景と雰囲気をお楽しみください。

■冬の「いろは坂」を東武路線バスで下る その1■
■冬の「いろは坂」を東武路線バスで下る その2■ 【2つとも@YouTube
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
火のついた松明を投げ合うインドの奇祭 Agni Keli
火のついた松明を投げ合うインドの奇祭 Agni Keli

インド西部の都市、Mangalore(マンガロール)の寺院で毎年行われる奇祭の映像をご紹介。
「Agni Keli(アグニ・ケリ)」というそれは、ヒンドゥー神話の女神Durga(ドゥルガ)に奉納される祭。
数百人もの信者たちが2組に分かれて、互いに火のついた松明(たいまつ)を投げ合うんです。
その光景はまさに戦場。世界広しといえど、ここまでホットなお祭りは他にないんじゃないかな。

■火のついた松明を投げ合うインドの奇祭 Agni Keli その1■
■火のついた松明を投げ合うインドの奇祭 Agni Keli その2■ 【2つとも@YouTube

バレきち@3丁目の関連記事
ココナッツを頭でかち割るインドの奇祭
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
巨大すぎて手に負えない、ナチスが遺した建築物「プローラ」
巨大すぎて手に負えない、ナチスが遺した建築物「プローラ」

バルト海に面したドイツ北東部の島、リューゲン島にある巨大建築物「プローラ(Prora)」。
ナチス・ドイツが1933年から建設を始め、大規模なリゾート施設となる予定の建物でした。
しかし、実際に施設として機能することはなく、一転「世界最大の空き家」となってしまうんです。
一体どうしてそんなことになってしまったのか。AFP通信がプローラの過去と現在に迫ります。

■巨大すぎて手に負えない、ナチスが遺した建築物「プローラ」■ 【@YouTube
●プローラ - Wikipedia●
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
兵庫県の無人島にある「竜宮城」
兵庫県の無人島にある「竜宮城」

<情報元:ドウガノ。 - 海に浮かぶ竜宮城?日和山海岸沖の無人島
兵庫県豊岡市、「山陰海岸国立公園」の東に位置する日和山海岸(ひよりやまかいがん)。
その700m沖合いに浮かぶ周囲500mの無人島、後ケ島(のちがしま)に「竜宮城」があるのです。
ここは、浦島太郎が玉手箱を開けたという伝説が残る場所で、昭和25年に建てられたらしい。
波が穏やかな4月上旬から8月下旬まで、島へ渡る遊覧船が出ているそうです。行ってみたい!

■兵庫県の無人島にある「竜宮城」■ 【@YouTube
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
職人の技 「松屋」のとんとこ飴切り
職人の技 「松屋」のとんとこ飴切り

明治元年創業の老舗、「松屋(まつや)」さんの飴切り(あめきり)の映像を紹介するよ。
包丁とまな板で、薄く伸ばした飴を切り分けていくんだけど、その様子がとても面白いのです。
トントコトントンという小気味良いリズムとともに、均等に切られていく飴。職人芸ですなぁ…。
「寄ってけ買ってけ」と鳴り響く音は、環境省の「日本の音風景100選」にも選ばれているみたい。

■職人の技 「松屋」のとんとこ飴切り(柴又帝釈天)■
■職人の技 「松屋」のとんとこ飴切り(川崎大師)■ 【2つとも@YouTube
●(有)松屋の飴総本店TOPページ●

バレきち@3丁目の関連記事
職人の技 「板屋」のこもかぶり
職人の技 「高川栄泉堂」のいもあんどらん
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
Powered By FC2
Copyright © んた & バレきち@3丁目 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。