◆ヘッドライン
水中で振ったコーラを開けてみた
水中で振ったコーラを開けてみた

岐阜県岐阜市の「岐阜ダイビングセンター」のダイバーさん投稿の実験動画を紹介するよ。
コカ・コーラを水の中に持ち込んで、よく振ってから開けてみて、その様子を水中カメラで撮影。
地上でやるとブシャーッと勢いよく噴き出すけど、果たして水中でも同じように噴き出すのか?
水中メントスコーラの実験動画もあったので併せて紹介。どうなるか何となく見当は付くかな…。

■水中で振ったコーラを開けてみた■
■水中でメントスコーラをやってみた■ 【2つとも@YouTube
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
「ホッカイロ」に「熱さまシート」を貼ってみた
「ホッカイロ」に「熱さまシート」を貼ってみた

デイリーポータルZより、地主恵亮さん投稿の「ホッカイロVS熱さまシート」を紹介するよ。
熱を発する「ホッカイロ」の上、熱を吸収する「熱さまシート」を貼って、温度の変化を調べます。
比較のためにホッカイロだけのものも用意して服の中に仕込んで一時間。果たして結果は?
どちらもよく見かける商品だけど、対決させてみるという発想はなかったなぁ。ホコタテホコタテ。

■「ホッカイロ」に「熱さまシート」を貼ってみた■ 【@YouTube
●@nifty:デイリーポータルZ:ホッカイロVS熱さまシート●
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
世界一シンプルなモーター「単極モーター」
世界一シンプルなモーター「単極モーター」

電池とネオジム磁石と銅線だけで作れる、世界一シンプルなモーター「単極モーター」を紹介。
作り方もいたってシンプル。電池にネオジム磁石をつけて、折り曲げた銅線をセットするだけ。
磁場内に電流が流れると力(ローレンツ力)が発生する「フレミング左手の法則」を利用したもの。
自由研究にも良さそうだけど、電池の寿命を縮めたり、場合によっては火が出たりするらしい!

■世界一シンプルなモーター「単極モーター」■ 【@YouTube
●単極モーター (unipolar motor)●
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
灼熱の溶岩湖に物を投げ入れたらどうなるか
灼熱の溶岩湖に物を投げ入れたらどうなるか

アフリカ東部、エチオピアの「Erta-Ale(エルタアレ)火山」で2002年に実施された実験。
高温溶岩が冷却されて黒く固まった溶岩湖に、重さ30kgのゴミ(食べ物の残り)を投げ入れます。
「もし人間が火口に落ちたら、表面で焼けるか溶岩中に沈むか」を調べるための検証だそうです。
果たして、人間に見立てられたゴミの運命は…。あ、良い子は決してマネをしないようにね!

■溶岩湖に人間が落ちるとどうなってしまうのか■ 【@YouTube
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
熱した鉄球を水につけるとどうなるか
熱した鉄球を水につけるとどうなるか

高温で熱した鉄球を水につけるとどうなるか、これはその様子を撮影した実験映像です。
動画が始まった時点で、既に鉄球は水に浸かっていて周囲には水蒸気の膜ができています。
しばらくすると、水蒸気爆発の一種(界面接触型)が起こります。小規模ながら結構な迫力。
鉄球が急激にサビたように見えるけど、爆発前は膜の影響でサビて見えなかっただけっぽい。

■熱した鉄球を水につけるとどうなるか■ 【@YouTube
■熱した鉄球を水につけるとどうなるか■ 【@ニコニコ動画
(↑ニコニコ動画の視聴にはアカウントが必要です。お持ちでない方は下でご覧ください。)
●水蒸気爆発 - Wikipedia● ●ライデンフロスト効果 - Wikipedia●
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
液体と気体の区別がつかない状態「超臨界流体」
液体と気体の区別がつかない状態「超臨界流体」

臨界点を超え、液体と気体の区別がなくなった状態「超臨界流体」の映像を紹介します。
ある特定の物質(映像では二酸化炭素)を密閉下で高温・高圧の状態にするとできるんだとか。
詳しい解説は動画内で。全体が橙色っぽくなる「臨界蛋白光」とか、何だかワクワクするよ。
コーヒー豆からカフェインを抽出したり、廃棄物を無害化したりするのに応用されているらしい。

■液体と気体の区別がつかない状態「超臨界流体」■ 【@YouTube
●超臨界流体 - Wikipedia●
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
ラッセルクサリヘビの猛毒を血液に混ぜるとどうなるか
ラッセルクサリヘビの猛毒を血液に混ぜるとどうなるか

フランスの香水ブランド「Jeannes Arthes(ジャンヌ・アルテス)」の商品「COBRA PARFUM」。
その香水のことを調べていた香水屋さんが、たまたま見つけたというヘビの毒についての動画。
Russell’s viper(ラッセルクサリヘビ)の牙からだ液を採取し、血液に一滴垂らして混ぜると…。
毒の威力の凄まじさにドン引きです。ショッキングな映像なので苦手な人は注意してくだされ。

■ラッセルクサリヘビの猛毒を血液に混ぜるとどうなるか■ 【@YouTube
●ラッセルクサリヘビ - Wikipedia●
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
スイカに大量の輪ゴムを巻きつけてみた
スイカに大量の輪ゴムを巻きつけてみた

Gavin(ギャヴィン)とDaniel(ダニエル)のコンビ「THE SLOW MO GUYS」の実験動画を紹介。
スイカにひたすら輪ゴムを巻きつけて、その様子をハイスピードカメラで記録していくのです。
輪ゴムの数が増えるにつれ、ゴムを巻きつけた部分がへこみ、スイカは縦長になっていきます。
そして、最後にはやはり爆発。勿体無い気がしたけど、スローモーションの映像は面白かった。

■スイカに大量の輪ゴムを巻きつけてみた■ 【@YouTube
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
日本語版「Siri」同士を会話させてみた
日本語版「Siri」同士を会話させてみた

2012年3月に日本語対応となった、iPhone4Sの音声認識アシスタントサービス「Siri(シリ)」。
話しかけると、言葉の意味を理解して応えてくれるという機能で…凄い時代になったものだよね。
今回ここで紹介するのは、「Siri同士で会話させたら一体どうなるのか?」を検証する動画です。
ボクは、そもそもお互いの声が届かなくて会話は成立しないという予想でした。外れました。

■日本語版「Siri」同士を会話させてみた■ 【@YouTube
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
ロシアの短波無線「UVB-76」の不気味な音声
ロシアの短波無線「UVB-76」の不気味な音声

ロシアの短波無線「UVB-76」(ロシア語表記で「УВБ76」)の不気味な音声を紹介するよ。
小さな村の放送局からほぼ一日中送信されているというそれは、単調で独特なブザー音。
時々、音の調子が変化したり、まれに意味不明な音声メッセージが流されたりと謎だらけなのだ。
スパイへの暗号とか軍事目的とか言われているけど真相は不明らしい。詳細はWikipediaで。

■ロシアの短波無線「UVB-76」の不気味な音声■
■2006年2月21日の音声メッセージ■
■2010年8月23日の音声メッセージ■ 【以上すべて@YouTube
●UVB-76 - YouTube● ●UVB-76 - Wikipedia●
+この記事の続きを見る
葉っぱライン
Powered By FC2
Copyright © んた & バレきち@3丁目 All Rights Reserved.